プロフィール

杉野花粉

Author:杉野花粉
富と名声が欲しい俗物だというのに
能力がない!
フラストレーションは溜まっていくばかり!
どうするんだ!?

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス数

フリーエリア

私用のコード表です あくまで私用
FreeSpace

個人的な創作サイトを作って好き勝手やっております。
http://trashbox.minibird.jp/
ここはそのブログであります。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
今年やっておきたかったけど、
私に怠け殺された事柄を挙げていく

①ゲームの開発及び紹介の製作
私の現在の野望、目標である。(夢ではない)
にもかかわらず着手があまりにも遅かった、
というのもすでに遅いという遅鈍のスパイラルが生まれてしまっている。
だが敢えて自分自身を許すことにしよう、
それがお前自信だからだ。

②エキナセアの事件簿を1話書き上げる
HPのTrashBoxで連載(?)しているウェブコミックを、
1話完成させたい。
なにせ4ページしか書けていないからである。
これでは中途半端すぎて笑い話にもならない。
しかし5ページから先の話をどうするか、思いついていない。
面白い話を書きたいのだが、
悲しいかな1年以上解決していない。
以前ネトゲのギルドで続き書けよと言われたことがあって、
待ってくれてる人もいたはずなのだが、
神が降りてくるまで待っていてほしい。

③彼女を作る
恋愛なんてクソだ。
私には私がいる。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:未分類
料理はれっきとした生きる術である。
食事を楽しいことの一つに数えるなら、
メシのまずい家には生きる喜びが一つ欠けることになる。
食事は毎日摂らなければならないため、
楽しいどころか苦痛であったなら、
それはもう大変な事態である。

ネット上には嫁の飯がまずいという話がある、
実は私の家もメシマズ一家ではないかと疑っている。
しかしなぜそうなのか考えてみると、
みんな何を食べたいのか、わかっていないからではないかと思った。
わからないから何でもいいとなり、
結局同じような献立になる。
まずいというより飽きたのだ。
みんな食べることに飽きている。
それと家は必ずご飯になるから、
ご飯に合わせたおかずしか作れず、
これもまた不自由を感じさせる。

一人暮らしが懐かしい、
あの頃は袋ラーメンだろうが、
パスタだろうが、なんでもやれた。
もう私だけ放っておいてくれないだろうか。

ところで人間の味覚には限界がある。
叫ぶほどうまいものなんてこの世にはなく、
どうせテレビでやるような高級食材も、
実際食べればああこんなもんかと納得するだろう。

ほんのりうまいでいいのだ。

以上、餅つきしたら夕飯がきなこもちになる家に呆れたから書いた記事でした。
DATE: CATEGORY:未分類
ゲームを構成する重要な要素の一つは音楽である。
にもかかわらず私は今まで作れずにいた。
この壁を壊すことができれば大きな進歩になるだろうと、
今日は一日DAWソフトを前に頭を悩ませていた。
しかし難しい、
余りにも難しいのである。
ビリリと来るフレーズも思いつかなければ、
ときめきもしない。
なんだかものすごく焦っている。
何故か?
もう年が明けるからだ。
あっというまに老いぼれて死ぬからだ、
もっと焦らなければならない。
しかし焦ってもどうにもならないのも明白であった。

せめて1曲、完成度が悪くても1曲できれば、
私の技術的特異点に近づけるはずなのだ。
絵を描くのだって最初は絶望的に下手だった、
CGだってクオリティは最悪だった。
お前ならできるはずなのだ杉野花粉。
シンギュラリティへの到達を。
現状の打破を。
DATE: CATEGORY:未分類
何らかの天才であるといわれる人は、
それに打ち込む量が常人のそれを遥かに超えていて、
もはや狂っていると言えるらしい。

私はそうなりたいなと憧れていた。

だが私は地に足がついておらず、
天才になりたいのか狂人になりたいのか、
曖昧なまま過ごしていた。

そして今ふと気づいたのである。
すでに私は狂っていたようであると。
何に狂っていたのか、
それはサボることであった。

サボること、寄り道することにひたすら打ち込むこと。
時間を無駄にする天才。
そしてサボり狂いであった。
全く私にふさわしい才能ではないか。
こんな下らないことを推敲して、
時間を無駄にしてるのなんかまさにそれであろう。


ふと思ったが髪の色で評価か化ける髪型の一つに、
三つ編みが挙げられる。

黒髪でやられると脂ぎって汚く見える、
茶・金になると理由はよくわからないが、
なんかよくなるのである。

ふと思っただけの事だ。
編みの硬さも関係してくるか?
ギチギチもいけない、
緩く編むのが流行ってきているように思うが、
それでよい。
DATE: CATEGORY:未分類
執筆開始時間22:24

前回5分でパッパと書ければいいと言ったので、やってみる。
昔の私、4~8年前ぐらいの頃はネタがないネタがないと、
毎回のように泣き言を書いていた。
今もそんなに変わらないと思うのだが、
捻出する力は少しはついたはずである。

ところで毎日更新しろだなんて誰にも言われてはいない。
私もその必要性を感じていない、
ではなぜ書こうと思ったのか。

それは多分アウトプットするのが楽しいからではないかと思う。
創作することは楽しい、
創作は妄想をアウトプットすることだ。
日記だって同じである。
妄想を取るに足らない自分のブログにアウトプットの名の下にぶちまけるのが、
楽しいと感じているのだろう。

じゃあなんで何か月も放置してたんだ?



翌日が休みの日は8~9時間たっぷり寝られるのだが、
そうじゃない日は何故か2時間毎に目が覚めてしまう、
神経のか細さに情けなくなる。

阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保阿保

寝よう。
DATE: CATEGORY:未分類
バイト中鼻ズビズビの風邪に見舞われた、
割と温度差のある仕事場(気温的な意味で)なので、
最近筋トレも運動も、寒くてサボっていたのも相まってか、
やられてしまった。
目に見えて顔色が悪かったらしい。
そんなこともあろうかと用意していたマスクに助けられた。

マスク着用時の安心感は異常である、
どれぐらい異常かというと、マスクの向こう側で、
常に口角が上がり顔の筋肉が自然に鍛えられてしまうレベルだ。
但し目は笑っていない、不気味だ。

私のビハインド・ザ・マスクはひたすら不気味であった。


なんのバイトをしているかは知られたくないので
詳しくは書かないが、
最近失敗ギリギリのラインで仕事をしていて、
実際何度か失敗(かどうかは定かではない)している。
それは自分が正しいと思ったことをやったからであって、
成功してる間ならみんな幸せになる方法だと考えての行いである。
なかなかうまくはいっていないが、
外れた道を行ってはいないと信じることにしよう。

ただしこの生活は人生の大筋から大きく外れている。
これは無視する。



なんだかまともな文章を書けているような気がして気分がいい。
半年以上たってようやく100アクセス超えるような、
余りにもささやかなブログだが、
5分程度でこれぐらいの記事をちょくちょく書けるようになれば、
いいのではないかと思う。
DATE: CATEGORY:未分類
作っているゲームの紹介をすると3か月近く前に書いた
未だに公開していないがする気はある
ただ思うように進まないだけである
ネットに繋がっているという環境上
色んなものに目移りし過ぎるのだ

それと薄々気づいていたことがある
もし作業を進めても
クオリティが低く没にしたくなるようなものができたときに
自分の無能さが浮き彫りになり
時間を無駄にしたと思ってしまうのを恐れている節が
私にはある
だから取り掛かりが異様に遅い

しかしこれはすぐに与太話だと気づくこともできる
失敗の数だけクオリティを上げる余地は生まれるし
その時間は自分への糧になり
決して無駄にならないはずだからだ

結局のところ私は怠けたい
遊びたいだけだ

三つ子の魂百までという
三つ子の頃に完成された魂は
おそらくそれである
人生ハードモードなのかイージーなのか
全く分からない



日記を書くことで心の整理がつくというのを見た
今更気づいたがブログは日記である
心の整理がつけば創作にも役に立つだろうか

とはいっても人に言えないようなことは
さすがにプライベートな紙に書くが
DATE: CATEGORY:未分類
この程度のタイトルを考えるのに5分使ってしまった

好きな店は何かと聞かれたら
楽器屋と書店と答える

お気に入りのギターピックを紛失したので
山野楽器に出かけたら
ギターとは離れた一角にオカリナが置いてあった
その頃私はニコニコで時のオカリナやムジュラの仮面の動画を見ていた為
リンクの吹くオカリナに憧れてそこで立ち止まってしまったのだ
(ちなみにタイムアタック系の動画で速吹きするので情緒もクソもない)

並べられているオカリナは陶器で四捨五入すれば1万円するものから
プラスチック製で千円程度とピンキリであった
昔プラスチック製が家にあり
おもちゃ同然の使い心地だったのを覚えているので
後者の選択肢は最初からない

とはいえ陶器のほうは入門用でも6千円前後する
バイトをして収入があるとはいえ
それなりのギターを買えば1か月分が吹っ飛ぶ程度しかない
買ったところで近所迷惑にならないかとか
コレクトするだけで満足するのが今までの経験でわかっているので
買わないという選択肢が最有力なのは言うまでもなかった

しかし諦めきれず買うべきか買わざるべきか
検討しすぎて熱が出てきたところに
店員さんが話しかけてきてくれた
どうしようかの旨を話すと
ようつべでオカリナを演奏する動画を見せたりしてくれた
主にジブリ系の音楽だった
うまいやり方だ
私のような影響を受けやすいタイプがそんなことされたら
欲しくなっちゃうに決まっているのだ

そんなこんなで
オカリナの演奏動画に扇動され
店員さんの親切な接客に敬意を表し
4分の1ぐらい接客料としてオカリナは買うことにした
DSCN0177.jpg
ナイトオカリナ 時のオカリナと比べて形がちょっとカッコ悪いが
色が好きなのでこれにした 右下は最初に言ったピック
案の定あんまり吹いてはいないが
後悔はしていない

ところでオカリナの吹き方を調べようと
オカリナと入力すると
おかずクラブのオカリナが検索候補に出て
「オカリナ ふ」
まで入れないと吹き方が出てこない

オカリナ界隈は大迷惑している

copyright © 少年はすでに息絶えているらしい all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。